くれたけ心理相談室大阪支部カウンセラー藤本理恵です。

私は承認欲求の強い子供でした。
とにかく親や兄弟、先生や友達に認めてもらいたいと思う一心で、
少し大げさなアピールをしていたんじゃないかと感じています。

今思えば、シアワセ自慢も、フコウ自慢も、
「私を特別扱いして」という気持ちからだったのかもしれません。

大人になって、心理学に触れ、コミュニケーションを学び
私に一番大切なことが分かりました。

それは他者とのコミュニケーションではなく
自分とのコミュニケーションでした。

自分に

否定的な言葉がけをしていないだろうか?
笑顔を向けているだろうか?

 

私は

大切にされている
価値のある人間だ

という感覚を持っているだろうか?

 

そして

なでたり、さすったり、抱きしめたり

自分で自分の心と体をいたわっているだろうか?

 

あなたがいるから頑張れる。

あなたがいるから毎日が楽しい。

あなたがいると安心する。

あなたの頑張りをいつも見てるよ。

あなたは愛されている。

あなたが大好き。

 

まずは、私が私を特別扱いすることからはじめました(*^_^*)